二重トラブル – オーストラリアとニュージーランドとで二重特許を回避する方法
分割出願はオーストラリアとニュージーランド両国で任意で行うことができ、発明または好ましい商業的実施形態の複数の側面を保護する有益な方法となり得ます。ただし、いずれの管轄区域も、出願人が親出願と分割出願で同一の主題をクレームすること(すなわち二重特許)を禁止する法律を定めています。オーストラリアとニュージーランドとでは法自体もその解釈もまったく異なるため、通常、親出願と分割出願のクレーム戦略はそれぞれの管轄区域で異なるものとする必要があります。
分割出願はオーストラリアとニュージーランド両国で任意で行うことができ、発明または好ましい商業的実施形態の複数の側面を保護する有益な方法となり得ます。ただし、いずれの管轄区域も、出願人が親出願と分割出願で同一の主題をクレームすること(すなわち二重特許)を禁止する法律を定めています。オーストラリアとニュージーランドとでは法自体もその解釈もまったく異なるため、通常、親出願と分割出願のクレーム戦略はそれぞれの管轄区域で異なるものとする必要があります。
Read More
Extension of time for grace period in Australia
A 12 month “grace period” is provided in Australian Patent law, which allows any information made publicly available, with or without the consent of the applicant, the patentee, or...
A 12 month “grace period” is provided in Australian Patent law, which allows any information made publicly available, with...
Read More
IP-led recovery: putting COVID-19 in the rear-view mirror
There has been a steady decline in innovation in Australia since the Global Financial Crisis (GFC) in 2007. This is clear from the Australian Patent Office data which shows...
There has been a steady decline in innovation in Australia since the Global Financial Crisis (GFC) in 2007. This...
Read More
Solar Bollard Lighting – Australian leaders in solar lighting solutions
Spruson & Ferguson is pleased to showcase our client, Solar Bollard Lighting who have recently received the prestigious Good Design Award Gold Accolade in the Product Design Furniture and...
Spruson & Ferguson is pleased to showcase our client, Solar Bollard Lighting who have recently received the prestigious Good...
Read More
What is an intermediate generalisation anyway?
The Australian provisions outlining whether an amendment to a patent specification is allowable or not were revised with the IP Laws Amendment (Raising the Bar) Act 2012 which came...
The Australian provisions outlining whether an amendment to a patent specification is allowable or not were revised with the...
Read More
オーストラリアの意匠制度に対する変更案
2019年後半に、オーストラリア知的財産諮問審議会(Australian Council on Intellectual Property、ACIP)は、オーストラリアの登録意匠制度の改善案を公募しました。登録意匠は製品の外観を保護するものであり、新規の機器、システムおよびプロセスの機能的側面を保護する特許とは区別されます(最近の記事「オーストラリアの特許と意匠:その違い」をご覧ください)。製品の特定の「見た目」が商業的に重要である場合、登録意匠は有益な保護を提供することができます。
2019年後半に、オーストラリア知的財産諮問審議会(Australian Council on Intellectual Property、ACIP)は、オーストラリアの登録意匠制度の改善案を公募しました。登録意匠は製品の外観を保護するものであり、新規の機器、システムおよびプロセスの機能的側面を保護する特許とは区別されます(最近の記事「オーストラリアの特許と意匠:その違い」をご覧ください)。製品の特定の「見た目」が商業的に重要である場合、登録意匠は有益な保護を提供することができます。
Read More