スプルーソン&ファーガソンは、複数の業界および技術分野にわたって以下を含む広い範囲の特許関連サービスを提供いたします。

  • 発明の特許可能性に関するアドバイス
  • アジア太平洋地域における特許出願およびその他の手続き
  • 特許明細書の作成
  • 特許新規性および侵害調査
  • 特許審査状況監視およびモニタリング
  • 特許異議申立手続
  • 特許年金更新
  • ポートフォリオ管理
  • 訴訟ならびに裁判外紛争処理(スプルーソン&ファーガソンローイヤーズ仲介)
  • 特許実施権許諾および技術移転(スプルーソン&ファーガソンローイヤーズ仲介)

 化学・ライフサイエンス、工学・ICTおよび意匠を含む当事務所の技術チームが協力し、広い範囲にわたる技術分野の発明についてお客様をサポートいたします。


特許チーム主要メンバー
Singapore, Singapore
山本夏帆 (博士)
シニア・アソシエート
化学・生命科学チーム
+65 6333 7200 natsuho.yamamoto@spruson.com
スプルーソン&ファーガソン(アジア)に入社する前はアメリカ合衆国シカゴのノースウェスタン大学でポスドクをしていました。そこで、活性サイトにヒスチジンがあるたんぱく質(ジンクフィンガー転写因子やマトリックスメタロプロテアーゼ、そしてメタロ—β—ラクタマ—ゼなど)を選択的に抑制するコバルト錯体について研究していました。錯体の合成やそれらの生体検査などを行っていました。 学士号はオーストラリアのシドニー大学の理学部より医療生無機化学の分野で取得しました。その後シドニー大学、そしてドイツのルール大学ボーフムにおいて腫瘍の独特な微小環境により活性化するプロドラッグについて博士研究を行いました。低酸素環境において選択的にリガンドを解放するコバルト錯体の開発と検査、および腫瘍特有の酵素の存在下のみ細胞に入り込むペプチドに関する論文で博士号を取得しました。
スプルーソン&ファーガソン(アジア)に入社する前はアメリカ合衆国シカゴのノースウェスタン大学でポスドクをしていました。そこで、活性サイトにヒスチジンがあるたんぱく質(ジンクフィンガー転写因子やマトリックスメタロプロテアーゼ、そしてメタロ—β—ラクタマ—ゼなど)を選択的に抑制するコバルト錯体について研究していました。錯体の合成やそれらの生体検査などを行っていました。 学士号はオーストラリアのシドニー大学の理学部より医療生無機化学の分野で取得しました。その後シドニー大学、そしてドイツのルール大学ボーフムにおいて腫瘍の独特な微小環境により活性化するプロドラッグについて博士研究を行いました。低酸素環境において選択的にリガンドを解放するコバルト錯体の開発と検査、および腫瘍特有の酵素の存在下のみ細胞に入り込むペプチドに関する論文で博士号を取得しました。
Read More
Singapore, Singapore
クリスチャン・ロビンソン
代表取締役, スプルーソン&ファーガソン(アジア)
化学・生命科学チーム
+65 6333 7200 kristian.robinson@spruson.com
クリスチャン・ロビンソンは、当社のプリンシパルであり、取締役を務めるスプルーソン&ファーガソン(アジア)のあるシンガポールに拠点を置いています。また、アジアでの特許実務の経験が豊富で、スプルーソン&ファーガソン(アジア)の化学・生命科学チームを統括しています。 取り扱う分野は多岐にわたり、化学、生化学、ナノテクノロジー、再生エネルギー、材料科学、プロセスエンジニアリングの分野における、特許出願、有効性や権利行使、特許戦略、特許無効審判、及び特許侵害に関連した助言を行っています。シンガポール知的財産庁(IPOS)における特許無効審判事件を数多く経験しており、シンガポール高等裁判所における特許訴訟に関してクライアントに助言もしています。当社に入社する前には、オーストラリア有数の法律事務所の特許グループで数年間働いていました。英国系の特許事務所で働いていた経験もあります。 クリスチャンはオーストラリア、ニュージーランド、そしてシンガポールの登録弁理士です。技術的なバックグラウンドとしては、カーティン工科大学の化学工学(優等)学士号と、マードック大学の化学専攻理学学士号を有しています。クリスチャンは、シンガポールの弁理士を代表して弁理士の地位向上を推進するシンガポール弁理士会の会長を務めています。現在、シンガポール弁理士試験委員会のボードメンバーであり、オーストラリア特許商標代理人協会のフェローでもあります。
クリスチャン・ロビンソンは、当社のプリンシパルであり、取締役を務めるスプルーソン&ファーガソン(アジア)のあるシンガポールに拠点を置いています。また、アジアでの特許実務の経験が豊富で、スプルーソン&ファーガソン(アジア)の化学・生命科学チームを統括しています。 取り扱う分野は多岐にわたり、化学、生化学、ナノテクノロジー、再生エネルギー、材料科学、プロセスエンジニアリングの分野における、特許出願、有効性や権利行使、特許戦略、特許無効審判、及び特許侵害に関連した助言を行っています。シンガポール知的財産庁(IPOS)における特許無効審判事件を数多く経験しており、シンガポール高等裁判所における特許訴訟に関してクライアントに助言もしています。当社に入社する前には、オーストラリア有数の法律事務所の特許グループで数年間働いていました。英国系の特許事務所で働いていた経験もあります。 クリスチャンはオーストラリア、ニュージーランド、そしてシンガポールの登録弁理士です。技術的なバックグラウンドとしては、カーティン工科大学の化学工学(優等)学士号と、マードック大学の化学専攻理学学士号を有しています。クリスチャンは、シンガポールの弁理士を代表して弁理士の地位向上を推進するシンガポール弁理士会の会長を務めています。現在、シンガポール弁理士試験委員会のボードメンバーであり、オーストラリア特許商標代理人協会のフェローでもあります。
Read More
最新のニュースと洞察
競合製品の外観の様相を「借用する」取引業者に対する「救済(RESCUE)」の必要性
Martin & Pleasance Pty Ltd v A Nelson & Co Ltd  FCAFC 80の判例研究 Martin & Pleasance Pty Ltd v A Nelson & Co Ltd FCAFC 80 の最近の判決において、オーストラリア連邦裁判所の大法廷は、Martin&Pleasance Pty Ltd(および関連企業)(総称してMartin)が、「RestQ」ブランドの補完医薬品を販売、宣伝、およびまたは供給することを制限する暫定的差止命令を認めるという連邦裁判所の判決を支持しました。
Martin & Pleasance Pty Ltd v A Nelson & Co Ltd  FCAFC 80の判例研究 Martin & Pleasance Pty Ltd v A…
続きを読む
なぜ我々の創造物は創造できないのか
Thaler v Commissioner of Patents FCA 879 オーストラリア連邦裁判所は、オーストラリア特許庁による先の審決を覆し、人工知能(AI)がオーストラリア特許出願の発明者になり得ると結論づけました。発明者であることの意味の境界を試す世界的な一連の事件の一つとして、この判決はAIを特許出願の発明者として認めた最初の判決であると思われます。
Thaler v Commissioner of Patents FCA 879 オーストラリア連邦裁判所は、オーストラリア特許庁による先の審決を覆し、人工知能(AI)がオーストラリア特許出願の発明者になり得ると結論づけました。発明者であることの意味の境界を試す世界的な一連の事件の一つとして、この判決はAIを特許出願の発明者として認めた最初の判決であると思われます。
続きを読む
ニュージーランドの蜂蜜生産者にとって「バグベア(悩みの種)」となったオーストラリアの商標判決
オーストラリア商標庁による最近の商標判決(Manuka Honey Appellation Society Incorporated v Lawrence Michael Howes ATMO 64(2021年7月7日)(「オーストラリアの異議申立」))により、ニュージーランドとオーストラリアの間で再び戦線が張られました。これは、ニュージーランドとオーストラリアの蜂蜜生産者の間での長年にわたる紛争の最新の動きです。
オーストラリア商標庁による最近の商標判決(Manuka Honey Appellation Society Incorporated v Lawrence Michael Howes ATMO 64(2021年7月7日)(「オーストラリアの異議申立」))により、ニュージーランドとオーストラリアの間で再び戦線が張られました。これは、ニュージーランドとオーストラリアの蜂蜜生産者の間での長年にわたる紛争の最新の動きです。
続きを読む
判例研究:A.D. PADMASINGH ISAAC TRADING AS AACHI SPICES AND FOODS V VRAGOPIKA PTY LTD  [2021] ATMO 47(2021年6月4日)
2018年2月22日、Ragopikia Pty Ltd(出願人)は、第43類の「レストランサービス」および「ファストフード店舗」において商標AACHI INDIAN CUISINEの登録を申請しました。商標出願は受理されましたが、その後、A.D. Padmasingh Isaac(異議申立人)により異議申立が行われました。
2018年2月22日、Ragopikia Pty Ltd(出願人)は、第43類の「レストランサービス」および「ファストフード店舗」において商標AACHI INDIAN CUISINEの登録を申請しました。商標出願は受理されましたが、その後、A.D. Padmasingh Isaac(異議申立人)により異議申立が行われました。
続きを読む

その他の情報をお探しですか?

よくあるご質問

Contact our Expert Team

Contact Us