インドの改正特許規則、2020年10月19日に発効
インド商工省は、2020年10月19日付けで2020年特許(改正)規則の公表および施行を行った旨の通知を発行しました。
インド商工省は、2020年10月19日付けで2020年特許(改正)規則の公表および施行を行った旨の通知を発行しました。
Read More
二重トラブル – オーストラリアとニュージーランドとで二重特許を回避する方法
分割出願はオーストラリアとニュージーランド両国で任意で行うことができ、発明または好ましい商業的実施形態の複数の側面を保護する有益な方法となり得ます。ただし、いずれの管轄区域も、出願人が親出願と分割出願で同一の主題をクレームすること(すなわち二重特許)を禁止する法律を定めています。オーストラリアとニュージーランドとでは法自体もその解釈もまったく異なるため、通常、親出願と分割出願のクレーム戦略はそれぞれの管轄区域で異なるものとする必要があります。
分割出願はオーストラリアとニュージーランド両国で任意で行うことができ、発明または好ましい商業的実施形態の複数の側面を保護する有益な方法となり得ます。ただし、いずれの管轄区域も、出願人が親出願と分割出願で同一の主題をクレームすること(すなわち二重特許)を禁止する法律を定めています。オーストラリアとニュージーランドとでは法自体もその解釈もまったく異なるため、通常、親出願と分割出願のクレーム戦略はそれぞれの管轄区域で異なるものとする必要があります。
Read More
ミャンマーの新しい商標登録制度:2020年10月1日にソフトオープン期間が開始
ミャンマー商業省は2020年8月28日付けで告示63/2020を発行し、新しいMyanmar Office of Intellectual Property(ミャンマー知的財産局、「OIP」)が2020年10月1日から「ソフトオープン」期間として運営を開始する準備が整ったことを発表しました。その後、少なくとも半年の期間を経てから「グランドオープン」を迎えると予想されています。OIPは、2019年1月に制定された、方式審査、実体審査、公開、登録、異議申立などに関する条項を含み、国際的な商標手続きにより近づいた新しいミャンマー商標法を施行します。
ミャンマー商業省は2020年8月28日付けで告示63/2020を発行し、新しいMyanmar Office of Intellectual Property(ミャンマー知的財産局、「OIP」)が2020年10月1日から「ソフトオープン」期間として運営を開始する準備が整ったことを発表しました。その後、少なくとも半年の期間を経てから「グランドオープン」を迎えると予想されています。OIPは、2019年1月に制定された、方式審査、実体審査、公開、登録、異議申立などに関する条項を含み、国際的な商標手続きにより近づいた新しいミャンマー商標法を施行します。
Read More
シンガポールのFast Trackプログラム(特許早期審査制度)、商標と登録意匠出願も対象に
シンガポール知的財産庁(IPOS)は、SG Patent Fast Trackプログラム(シンガポール特許早期審査制度)の対象が商標と登録意匠出願にも拡大され、2020年9月1日から「SG IP Fast Track(シンガポール知財早期審査制度)」という新しい名称になることを発表しました。SG Patent Fast Trackプログラムは全技術分野での特許出願の早期審査を行い、通常は2年間かかる特許付与までの期間をわずか半年にまで削減するために、2020年5月4日から開始されました。特許の早期審査制度の詳細については、こちら をご覧ください。
シンガポール知的財産庁(IPOS)は、SG Patent Fast Trackプログラム(シンガポール特許早期審査制度)の対象が商標と登録意匠出願にも拡大され、2020年9月1日から「SG IP Fast Track(シンガポール知財早期審査制度)」という新しい名称になることを発表しました。SG Patent Fast Trackプログラムは全技術分野での特許出願の早期審査を行い、通常は2年間かかる特許付与までの期間をわずか半年にまで削減するために、2020年5月4日から開始されました。特許の早期審査制度の詳細については、こちら をご覧ください。
Read More
2020年10月1日からオーストラリア知的財産庁の料金が変更に
オーストラリア知的財産庁は、2020年10月1日をもってその料金体系を変更することを発表しました。 今回の変更は、費用の一部を知的財産権のライフサイクルの更新段階へ先送りすることで、大部分の費用が発生する初期期間の料金を低く抑えることが狙いです。この初期期間は、出願人がまだ知的財産からの権利収入の流れを確立していない時期とも重なります。
オーストラリア知的財産庁は、2020年10月1日をもってその料金体系を変更することを発表しました。 今回の変更は、費用の一部を知的財産権のライフサイクルの更新段階へ先送りすることで、大部分の費用が発生する初期期間の料金を低く抑えることが狙いです。この初期期間は、出願人がまだ知的財産からの権利収入の流れを確立していない時期とも重なります。
Read More
オーストラリアの意匠制度に対する変更案
2019年後半に、オーストラリア知的財産諮問審議会(Australian Council on Intellectual Property、ACIP)は、オーストラリアの登録意匠制度の改善案を公募しました。登録意匠は製品の外観を保護するものであり、新規の機器、システムおよびプロセスの機能的側面を保護する特許とは区別されます(最近の記事「オーストラリアの特許と意匠:その違い」をご覧ください)。製品の特定の「見た目」が商業的に重要である場合、登録意匠は有益な保護を提供することができます。
2019年後半に、オーストラリア知的財産諮問審議会(Australian Council on Intellectual Property、ACIP)は、オーストラリアの登録意匠制度の改善案を公募しました。登録意匠は製品の外観を保護するものであり、新規の機器、システムおよびプロセスの機能的側面を保護する特許とは区別されます(最近の記事「オーストラリアの特許と意匠:その違い」をご覧ください)。製品の特定の「見た目」が商業的に重要である場合、登録意匠は有益な保護を提供することができます。
Read More
Facebook、中国で「FACEBOOK」の商標権を失う
2020年3月20日、中国国家知識産権局(「CNIPA」)は、Facebookによる第42類の2つの商標登録を無効とする判決を下しました。この判決により、ソーシャルメディア企業であるFacebookは、商標を所有する個人である中国のDr. Su Kaiming(医師)との10年以上にわたる論争で大きな敗北となりました。
2020年3月20日、中国国家知識産権局(「CNIPA」)は、Facebookによる第42類の2つの商標登録を無効とする判決を下しました。この判決により、ソーシャルメディア企業であるFacebookは、商標を所有する個人である中国のDr. Su Kaiming(医師)との10年以上にわたる論争で大きな敗北となりました。
Read More
中国最新情報:待望の新しい特許法改正草案について議論するための意見公募が始まる
法改正について言及する複数の発表を受けて、中国特許法の変更が待ち望まれています。2020年7月3日、全国人民代表大会により「中華人民共和国特許法修正案(草案二次審議稿)」がオンラインで公開され、2020年8月16日までさらなる意見が募集されています。重要な項目としては、医薬特許に関する規制当局と特許庁との連携、また、米中貿易協定(以下に挙げる関連記事を参照)で複数の特許法関連の約束を締結することなどがあります。
法改正について言及する複数の発表を受けて、中国特許法の変更が待ち望まれています。2020年7月3日、全国人民代表大会により「中華人民共和国特許法修正案(草案二次審議稿)」がオンラインで公開され、2020年8月16日までさらなる意見が募集されています。重要な項目としては、医薬特許に関する規制当局と特許庁との連携、また、米中貿易協定(以下に挙げる関連記事を参照)で複数の特許法関連の約束を締結することなどがあります。
Read More
AIを使用した治療法の発明:人工知能は発明活動として認められるべきか?
単独発明者として人工知能が指定された特許出願2件が、口頭審理の結果、発明者は人間でなければならないという理由により、欧州特許庁により拒絶されました。機械は真の発明活動を行えるのでしょうか?そうであるなら、結果的な技術の保護にどのような影響があるのでしょうか?
単独発明者として人工知能が指定された特許出願2件が、口頭審理の結果、発明者は人間でなければならないという理由により、欧州特許庁により拒絶されました。機械は真の発明活動を行えるのでしょうか?そうであるなら、結果的な技術の保護にどのような影響があるのでしょうか?
Read More
シンガポールの特許ファストトラックプログラム
シンガポール知的財産庁(IPOS)は、シンガポールにおける特許の申請から付与までのプロセスを加速化する、新しいファストトラックプログラム(「SG特許ファストトラック」と命名)を開始しました。このプログラムはすべての技術分野の特許出願で利用可能であり、それぞれ2018年および2019年に開始され、技術に特化した「フィンテックファストトラック」プログラムおよび「人工知能(AI)加速イニシアチブ」プログラムに置き換わるものです。
シンガポール知的財産庁(IPOS)は、シンガポールにおける特許の申請から付与までのプロセスを加速化する、新しいファストトラックプログラム(「SG特許ファストトラック」と命名)を開始しました。このプログラムはすべての技術分野の特許出願で利用可能であり、それぞれ2018年および2019年に開始され、技術に特化した「フィンテックファストトラック」プログラムおよび「人工知能(AI)加速イニシアチブ」プログラムに置き換わるものです。
Read More
シンガポール、地域の知的財産紛争の解決を刷新
シンガポールにおける知的財産(IP)紛争解決環境を刷新するため、知的財産権(紛争解決)改正法2019(「改正法」)が2019年11月12日に施行されました。この改正法は、特許保護フレームワークの強化と、国際仲裁ハブとしてのシンガポールの立場を補強することを目指すものです。改正法によってもたらされる法的な変更点としては、知的財産手続きの統合、知的財産紛争の仲裁、知的財産訴訟のファストトラックオプション、ならびに特許性に関する第三者による意見(情報提供)および特許付与後の再審査の改訂が含まれます。
シンガポールにおける知的財産(IP)紛争解決環境を刷新するため、知的財産権(紛争解決)改正法2019(「改正法」)が2019年11月12日に施行されました。この改正法は、特許保護フレームワークの強化と、国際仲裁ハブとしてのシンガポールの立場を補強することを目指すものです。改正法によってもたらされる法的な変更点としては、知的財産手続きの統合、知的財産紛争の仲裁、知的財産訴訟のファストトラックオプション、ならびに特許性に関する第三者による意見(情報提供)および特許付与後の再審査の改訂が含まれます。
Read More
オーストラリアの更新:イノベーション特許がついに廃止。段階的に
2020年2月26日に、「Intellectual Property Amendment (Productivity Commission Response Part 2 and Other Measures) Bill 2019」 (知的財産法改正法) がついに可決されました。この法律の主な目的は、オーストラリア独自のイノベーション特許システムの廃止にあります。ただし、イノベーション特許は即座に廃止される訳ではなく、2021年8月26日から2029年8月26日までの8年間に渡って段階的に廃止される予定です。    
2020年2月26日に、「Intellectual Property Amendment (Productivity Commission Response Part 2 and Other Measures) Bill 2019」 (知的財産法改正法) がついに可決されました。この法律の主な目的は、オーストラリア独自のイノベーション特許システムの廃止にあります。ただし、イノベーション特許は即座に廃止される訳ではなく、2021年8月26日から2029年8月26日までの8年間に渡って段階的に廃止される予定です。    
Read More