CAMPBELL SOUPのUNCANNEDはCANNEDでない
Campbell Soup Company ATMO 84 (2019年5月31日) Campbell Soup Company(「Campbell」)は自社の商標出願第1887774号UNCANNEDについて、オーストラリア商標庁が第41条に基づき、当該標章が第43類で出願されたサービスを識別するのに本質的に適していない、という拒絶理由を提示したため、口頭審理を請求しました。
Campbell Soup Company ATMO 84 (2019年5月31日) Campbell Soup Company(「Campbell」)は自社の商標出願第1887774号UNCANNEDについて、オーストラリア商標庁が第41条に基づき、当該標章が第43類で出願されたサービスを識別するのに本質的に適していない、という拒絶理由を提示したため、口頭審理を請求しました。
Read More
IRIDE、MY RIDE、みなRIDEできる?
Sheppard Cycles Australia Pty Ltd v iRIDE Limited NZIPOTM 18 (2019年7月19日) IRIDE Limited(IRIDE)は、自転車(第12類)ならびに小売および卸売サービス(第35類)に関連するSheppard Cycles Australia Pty Limited(Sheppard Cycles)による出願第1066251号MY RIDEの登録に異議を申し立てました。
Sheppard Cycles Australia Pty Ltd v iRIDE Limited NZIPOTM 18 (2019年7月19日) IRIDE Limited(IRIDE)は、自転車(第12類)ならびに小売および卸売サービス(第35類)に関連するSheppard Cycles Australia Pty Limited(Sheppard Cycles)による出願第1066251号MY RIDEの登録に異議を申し立てました。
Read More
Kellogg Company v Societe des Produits Nestle S.A. [2019] NZIPOTM 17 (28 June 2019)
Societe des Produits Nestle S.A.(「Nestle」)は、Nutri-Grainとして知られるボルト形シリアルであるKellogg Company(「Kellogg」)名義の第30類の図形(立体)標章(「Nutri-Grain 標章」)の商標出願第967881号に対して異議を申し立てました。
Societe des Produits Nestle S.A.(「Nestle」)は、Nutri-Grainとして知られるボルト形シリアルであるKellogg Company(「Kellogg」)名義の第30類の図形(立体)標章(「Nutri-Grain 標章」)の商標出願第967881号に対して異議を申し立てました。
Read More
インドネシアDGIP (知的財産総局 DIRECTORATE GENERAL OF INTELLECTUAL PROPERTY) が輸出者にマドリード制度の使用を推奨
知的財産総局 (DGIP) および法務人権省 (MLHR:Ministry of Law and Human Rights) は、世界知的所有権機構 (WIPO) および日本特許庁 (JPO) と協力し、「商標の国際登録のためのマドリード制度利用に関する理解の促進」に関する移動セミナーを開催しました。
知的財産総局 (DGIP) および法務人権省 (MLHR:Ministry of Law and Human Rights) は、世界知的所有権機構 (WIPO) および日本特許庁 (JPO) と協力し、「商標の国際登録のためのマドリード制度利用に関する理解の促進」に関する移動セミナーを開催しました。
Read More
オーストラリアにおける診断方法
Sequenom, Inc. v Ariosa Diagnostics, Inc. FCA 1011 において、連邦裁判所は、オーストラリアでは診断方法が特許可能であることを追認しました。これは、診断業界にとって満足の行く結果となりました。
Sequenom, Inc. v Ariosa Diagnostics, Inc. FCA 1011 において、連邦裁判所は、オーストラリアでは診断方法が特許可能であることを追認しました。これは、診断業界にとって満足の行く結果となりました。
Read More
シンガポールの「外国ルート」の廃止:知っておくべき注意事項
以前のニュース記事でお知らせしましたとおり、出願人が、他国で得た肯定的な最終審査結果、もしくは国際予備報告(IPRP)の肯定的な審査結果に依拠して補充審査請求を行う「外国ルート」は、2020年1月1日をもって廃止されます。これにより、シンガポールの特許出願の取り扱いに大きな影響が生じる可能性があります。
以前のニュース記事でお知らせしましたとおり、出願人が、他国で得た肯定的な最終審査結果、もしくは国際予備報告(IPRP)の肯定的な審査結果に依拠して補充審査請求を行う「外国ルート」は、2020年1月1日をもって廃止されます。これにより、シンガポールの特許出願の取り扱いに大きな影響が生じる可能性があります。
Read More
修理、それともリメイク?再生プリンターカートリッジの特許侵害が明らかに
オーストラリア連邦裁判所大法廷は、Calidad Pty LtdとSeiko Epson Corporation FCAFC 115の控訴審で、再生プリンターカートリッジがオーストラリア特許を侵害しているという判決を下しました。この判決では、プリンターカートリッジの再生時に行われる変更が黙示のライセンスの範囲内に入るかどうか、およびその変更が修理に関するものか、あるいは新しい製品の製造に関するものかどうかが争点となりました。
オーストラリア連邦裁判所大法廷は、Calidad Pty LtdとSeiko Epson Corporation FCAFC 115の控訴審で、再生プリンターカートリッジがオーストラリア特許を侵害しているという判決を下しました。この判決では、プリンターカートリッジの再生時に行われる変更が黙示のライセンスの範囲内に入るかどうか、およびその変更が修理に関するものか、あるいは新しい製品の製造に関するものかどうかが争点となりました。
Read More
判例研究:Sensis Pty Ltd Ltd V Senses Direct Mail and Fulfillment Pty Ltd [2019] FCA 719
背景 この判例の当事者: Sensis Pty Ltd(「原告」)は、オーストラリアのダイレクトマーケティングおよびデータ処理業者であり、以下のオーストラリア商標(「Sensis商標」)の登録所有者です。
背景 この判例の当事者: Sensis Pty Ltd(「原告」)は、オーストラリアのダイレクトマーケティングおよびデータ処理業者であり、以下のオーストラリア商標(「Sensis商標」)の登録所有者です。
Read More
判例研究:H Lundbeck A/S v Sandoz Pty Ltd [2019] APO 18
H Lundbeck A/S v Sandoz Pty Ltd APO 18(2019年4月11日)における最近のオーストラリア特許庁の判決で、Sandozは、Lundbeckのオーストラリア特許第623144号(「エスシタロプラム特許」)の実施を保護するための強制実施権の申請に成功しました。
H Lundbeck A/S v Sandoz Pty Ltd APO 18(2019年4月11日)における最近のオーストラリア特許庁の判決で、Sandozは、Lundbeckのオーストラリア特許第623144号(「エスシタロプラム特許」)の実施を保護するための強制実施権の申請に成功しました。
Read More
マレーシアの新商標法
2019年商標法草案に関する最近のマレーシアの改正の記事に続き、2019年7月2日の第2読会を経て、待望の草案が通過しました。
2019年商標法草案に関する最近のマレーシアの改正の記事に続き、2019年7月2日の第2読会を経て、待望の草案が通過しました。
Read More
オーストラリアの改正:翻訳文提出要件の変更点
オーストラリアの特許法規に差し迫っている変更に従い、 英語で公開されていない国際(PCT)特許出願の翻訳証明付き翻訳文は今後、オーストラリアの国内段階への移行時に必要なくなります。
オーストラリアの特許法規に差し迫っている変更に従い、 英語で公開されていない国際(PCT)特許出願の翻訳証明付き翻訳文は今後、オーストラリアの国内段階への移行時に必要なくなります。
Read More
ミャンマーの地理的表示法:概要および推奨
以前、ミャンマーでの新しい商標法を考察しましたが、同じ法律がミャンマーにおける地理的表示(GI)の保護に関する第一義的な法律である点にも注意すべきです。2019年Pyidaungsu Hluttaw法第3号(完全な名称は商標および地理的表示法(TGIL:Trademark and Geographical Indications Law))の16編(第53条~第60条)は、GIのみを取り扱います。この記事は、その内容の概要であると同時にTGILに基づきミャンマーでGI登録に関心を持つ方に宛てた推奨事項でもあります。
以前、ミャンマーでの新しい商標法を考察しましたが、同じ法律がミャンマーにおける地理的表示(GI)の保護に関する第一義的な法律である点にも注意すべきです。2019年Pyidaungsu Hluttaw法第3号(完全な名称は商標および地理的表示法(TGIL:Trademark and Geographical Indications Law))の16編(第53条~第60条)は、GIのみを取り扱います。この記事は、その内容の概要であると同時にTGILに基づきミャンマーでGI登録に関心を持つ方に宛てた推奨事項でもあります。
Read More