AIを使用した治療法の発明:人工知能は発明活動として認められるべきか?
単独発明者として人工知能が指定された特許出願2件が、口頭審理の結果、発明者は人間でなければならないという理由により、欧州特許庁により拒絶されました。機械は真の発明活動を行えるのでしょうか?そうであるなら、結果的な技術の保護にどのような影響があるのでしょうか?
単独発明者として人工知能が指定された特許出願2件が、口頭審理の結果、発明者は人間でなければならないという理由により、欧州特許庁により拒絶されました。機械は真の発明活動を行えるのでしょうか?そうであるなら、結果的な技術の保護にどのような影響があるのでしょうか?
Read More
シンガポールの特許ファストトラックプログラム
シンガポール知的財産庁(IPOS)は、シンガポールにおける特許の申請から付与までのプロセスを加速化する、新しいファストトラックプログラム(「SG特許ファストトラック」と命名)を開始しました。このプログラムはすべての技術分野の特許出願で利用可能であり、それぞれ2018年および2019年に開始され、技術に特化した「フィンテックファストトラック」プログラムおよび「人工知能(AI)加速イニシアチブ」プログラムに置き換わるものです。
シンガポール知的財産庁(IPOS)は、シンガポールにおける特許の申請から付与までのプロセスを加速化する、新しいファストトラックプログラム(「SG特許ファストトラック」と命名)を開始しました。このプログラムはすべての技術分野の特許出願で利用可能であり、それぞれ2018年および2019年に開始され、技術に特化した「フィンテックファストトラック」プログラムおよび「人工知能(AI)加速イニシアチブ」プログラムに置き換わるものです。
Read More
シンガポール、地域の知的財産紛争の解決を刷新
シンガポールにおける知的財産(IP)紛争解決環境を刷新するため、知的財産権(紛争解決)改正法2019(「改正法」)が2019年11月12日に施行されました。この改正法は、特許保護フレームワークの強化と、国際仲裁ハブとしてのシンガポールの立場を補強することを目指すものです。改正法によってもたらされる法的な変更点としては、知的財産手続きの統合、知的財産紛争の仲裁、知的財産訴訟のファストトラックオプション、ならびに特許性に関する第三者による意見(情報提供)および特許付与後の再審査の改訂が含まれます。
シンガポールにおける知的財産(IP)紛争解決環境を刷新するため、知的財産権(紛争解決)改正法2019(「改正法」)が2019年11月12日に施行されました。この改正法は、特許保護フレームワークの強化と、国際仲裁ハブとしてのシンガポールの立場を補強することを目指すものです。改正法によってもたらされる法的な変更点としては、知的財産手続きの統合、知的財産紛争の仲裁、知的財産訴訟のファストトラックオプション、ならびに特許性に関する第三者による意見(情報提供)および特許付与後の再審査の改訂が含まれます。
Read More
オーストラリアの更新:イノベーション特許がついに廃止。段階的に
2020年2月26日に、「Intellectual Property Amendment (Productivity Commission Response Part 2 and Other Measures) Bill 2019」 (知的財産法改正法) がついに可決されました。この法律の主な目的は、オーストラリア独自のイノベーション特許システムの廃止にあります。ただし、イノベーション特許は即座に廃止される訳ではなく、2021年8月26日から2029年8月26日までの8年間に渡って段階的に廃止される予定です。    
2020年2月26日に、「Intellectual Property Amendment (Productivity Commission Response Part 2 and Other Measures) Bill 2019」 (知的財産法改正法) がついに可決されました。この法律の主な目的は、オーストラリア独自のイノベーション特許システムの廃止にあります。ただし、イノベーション特許は即座に廃止される訳ではなく、2021年8月26日から2029年8月26日までの8年間に渡って段階的に廃止される予定です。    
Read More
ミャンマーの新しい特許法
2019年3月11日に、ミャンマー連邦議会は、ミャンマーの特許登録の新たな時代の幕開けを告げる、「Pyidaungsu Hluttaw Law No. 7/2019」 (以降「特許法」)を制定しました。2019年1月30日に可決された新商標法は今年施行予定ですが、新特許法は現在未決定で、ミャンマーの大統領から通知が発表された際に施行されます。 
2019年3月11日に、ミャンマー連邦議会は、ミャンマーの特許登録の新たな時代の幕開けを告げる、「Pyidaungsu Hluttaw Law No. 7/2019」 (以降「特許法」)を制定しました。2019年1月30日に可決された新商標法は今年施行予定ですが、新特許法は現在未決定で、ミャンマーの大統領から通知が発表された際に施行されます。 
Read More
香港のOriginal Grant Patent (OGP) の紹介
香港知的財産局 (HKIPD) は、2019年12月に香港の特許制度を大幅に改定し、Original Grant Patent (OGP) 制度を導入しました。OGP制度は、香港で標準特許 (O)を直接出願する手段を提供しており、再登録制度と平行して提供されます。これは、香港の特許制度を他の主要な特許庁と適合させる重要な改定で、香港の革新と技術開発をより強く支援することが期待されています。
香港知的財産局 (HKIPD) は、2019年12月に香港の特許制度を大幅に改定し、Original Grant Patent (OGP) 制度を導入しました。OGP制度は、香港で標準特許 (O)を直接出願する手段を提供しており、再登録制度と平行して提供されます。これは、香港の特許制度を他の主要な特許庁と適合させる重要な改定で、香港の革新と技術開発をより強く支援することが期待されています。
Read More
マレーシアの新しい2019年商標法 – 新たなる夜明け
弊所の最近の記事「マレーシアの新商標法 (以降「新法」)に続き、2019年12月27日の正式な施行に基づき新法が発効したことをご報告いたします。
弊所の最近の記事「マレーシアの新商標法 (以降「新法」)に続き、2019年12月27日の正式な施行に基づき新法が発効したことをご報告いたします。
Read More
ラオスPDRでの特許出願係属期間の短縮と特許の質の向上
2018年6月にラオスの知的財産に関する法律の改訂版が施行された一方で、ラオス科学技術省の知的財産部門 (DIP)における出願係属期間が長期に亘ることに未だ悩まされる出願人も多くいらっしゃるかと思います。 ただし、ラオスでの特許審査を短縮するためのさまざまな手段は存在します。 
2018年6月にラオスの知的財産に関する法律の改訂版が施行された一方で、ラオス科学技術省の知的財産部門 (DIP)における出願係属期間が長期に亘ることに未だ悩まされる出願人も多くいらっしゃるかと思います。 ただし、ラオスでの特許審査を短縮するためのさまざまな手段は存在します。 
Read More
シンガポール:イノベーションをサポートするイニシアチブがIP WEEKで発表され、強化される
シンガポール知的財産庁(Intellectual Property Office of Singapore、IPOS)およびその他8つのASEAN特許庁は、8月にシンガポールで開催されたIP Weekで、新しいASPEC Acceleration for Industry 4.0 Infrastructure and Manufacturing(ASPEC-AIM)イニシアチブを発表しました。このイニシアチブに従って、この9つのASEAN特許庁はインダストリー4.0製造、フィンテック、サイバーセキュリティ、ロボティクスなどの技術における特許出願手続きを優先させることになります。ASPEC-AIMは2019年8月27日に開始される2年間のパイロットプロジェクトであり、ASEAN地域で特許保護のための出願を行う企業やイノベーターが、審査請求から最初の拒絶通知までを6ヶ月という短期間で完了できるようにすることを目的にしています。
シンガポール知的財産庁(Intellectual Property Office of Singapore、IPOS)およびその他8つのASEAN特許庁は、8月にシンガポールで開催されたIP Weekで、新しいASPEC Acceleration for Industry 4.0 Infrastructure and Manufacturing(ASPEC-AIM)イニシアチブを発表しました。このイニシアチブに従って、この9つのASEAN特許庁はインダストリー4.0製造、フィンテック、サイバーセキュリティ、ロボティクスなどの技術における特許出願手続きを優先させることになります。ASPEC-AIMは2019年8月27日に開始される2年間のパイロットプロジェクトであり、ASEAN地域で特許保護のための出願を行う企業やイノベーターが、審査請求から最初の拒絶通知までを6ヶ月という短期間で完了できるようにすることを目的にしています。
Read More
ベトナムが工業デザインの国際登録のためのハーグ制度に加盟
2019年9月30日、ベトナム政府を代表して、科学技術省長官が、ハーグ協定のジュネーブ議定書(1999)への加入書を世界知的所有権機関(WIPO)事務局長に寄託しました。これはスイスで最近開催されたWIPO一般総会の間に行われました。
2019年9月30日、ベトナム政府を代表して、科学技術省長官が、ハーグ協定のジュネーブ議定書(1999)への加入書を世界知的所有権機関(WIPO)事務局長に寄託しました。これはスイスで最近開催されたWIPO一般総会の間に行われました。
Read More
マレーシア:「リップタトゥー」は汎用的な表現ではないと裁判所が決定
Shizens Cosmetic Marketing (M) Sdn Bhd v. LVMH Perfumes and Cosmetics (M) Sdn Bhd 、民事訴訟番号:WA-24IP-21-11/2017(2019年3月19日)において原告は、化粧品、メークアップ用調製品、口紅を含む第3類の商品であるLIP TATTOOの商標登録番号第201301836号の所有者です。原告は、登録条件として「Lip」という言葉を放棄しました。
Shizens Cosmetic Marketing (M) Sdn Bhd v. LVMH Perfumes and Cosmetics (M) Sdn Bhd 、民事訴訟番号:WA-24IP-21-11/2017(2019年3月19日)において原告は、化粧品、メークアップ用調製品、口紅を含む第3類の商品であるLIP TATTOOの商標登録番号第201301836号の所有者です。原告は、登録条件として「Lip」という言葉を放棄しました。
Read More
香港最新情報:直接出願特許 (ORIGINAL GRANT PATENT、OGP)ルートを採用した新しい特許システム
香港知的財産局(HKIPD)は、2019年12月19日をもって新しい特許システムを開始することになります。これは、特許修正条例2016(Patents (Amendment) Ordinance 2016)および同日に施行される特許一般修正規則2019(Patents (General) (Amendment) Rules 2019)に従って実施されます。新しい特許システムの下で、香港の標準特許保護のための直接出願ルートは、既存の再登録特許システムと並行して提供されることになります。これは香港の特許システムの抜本的な改革であり、特許制度を近代化し、香港のイノベーション業界のサポートを強化するものです。
香港知的財産局(HKIPD)は、2019年12月19日をもって新しい特許システムを開始することになります。これは、特許修正条例2016(Patents (Amendment) Ordinance 2016)および同日に施行される特許一般修正規則2019(Patents (General) (Amendment) Rules 2019)に従って実施されます。新しい特許システムの下で、香港の標準特許保護のための直接出願ルートは、既存の再登録特許システムと並行して提供されることになります。これは香港の特許システムの抜本的な改革であり、特許制度を近代化し、香港のイノベーション業界のサポートを強化するものです。
Read More